そこを何とかする会社ヨコイ

無理難題 解決事例

京都の歴史ある町並みを壊さず、できるだけ多くの車を収容できる。そんな駐車場はできないか?

その無理難題、パーキング事業部がなんとかします。

瓦屋根と白壁に覆われた「和」の機械式立体駐車場で、ニーズにお応えしました。

パーキング事業部は40年以上にわたって、立体駐車場を開発製造。お客さまの要望や土地の形状に合わせて造るなど、限りなくオーダーメイドに近い開発スタイルが特長です。
たとえば、京都市の本能寺に完成させた専用駐車場のケースでは、高さ制限や由緒ある町並みや景観との調和を保ちながら、便利で使いやすい駐車場をどう形にするかが課題でした。そこで建物の外観を瓦屋根や白壁など「和」の意匠を盛り込んでデザイン。
本能寺の伝統を壊すことなく、景観にマッチした駐車場づくりを実現し、好評を博しています。

パーキング事業部のサイトへ